外壁・屋根の見積もりを取る際の注意点

外壁・屋根の見積もりを取る際の注意点

塗装・防水の見積に必要なのは施工面積です。坪数は関係ありません。

(外壁総面積から窓などの必要ない面積を差し引いたもの)

そして、高確率で足場代がかかります。

(平屋の場合、脚立のみで作業する場合があるのでその場合は足場代はかかりません)

施工 面積は家の外周×壁の高さで大体の数値を得ることができます 。

それと、使用道具+使用材料+人件費+交通費・・・

その他諸々で同じ面積でも30万前後の違いが生じることがあります。

 

☆ 木部や鉄部などの傷み方によって研磨作業の手間もかかり、塗料の吸い込み度もアップするのでより重ね塗りが必要になりその分手間と時間がかかる場合もあります。

☆傷み度を超すと塗装だけでまかなえない部分が出るため、大工や鈑金屋が入る場合があります。

☆窓アルミサッシの場合は塗装の必要はないが、木枠の場合は塗装が必要です。

☆外壁の種類によって塗料の使用量が大きく違います。
例)サイディングの場合、外壁の目地と窓回りのコーキングの交換工事も必要

☆塗料の種類によっても金額に大きく影響します。
基本的な一般塗料だと、アクリル塗料→ウレタン塗料→シリコン塗料→フッ素塗料の順で価格が上がります。
他にも遮熱塗料や光触媒塗料、複層塗材(弾性)などなど大量に種類があります。
その中でも、水性なのか溶剤(一液・二液)なのかで全く異なってきます。
きちんと見積もりを2~3社とり、どの材料でどういう値段なのか、しっかり把握しましょう。

☆極端に安い会社は、実際に必要な工程を端折ってしまう(手抜き工事)ことがあります。 実際は2回塗らないといけないのに1回で済ましてしまうことなどです。 また、塗装は下地が大事なのですが、下地は塗る壁の種類や状態に合わせて変えなければなりません。 女性の化粧と同じで、見た目もだいじですが下地が要です。


”戸建ての屋根、外装リフォーム”の検索結果・・・