雨漏りしていたお宅のコロニアル屋根の下地補修をしました。

雨漏りしていたお宅のコロニアル屋根の下地補修をしました。

コロニアル屋根

 

新築より大体25年くらい経ったお宅です。

コロニアル屋根を上ってみると、パッと見では雨漏りの原因は全然わかりません。

だいたいこのへんで雨漏りをしていると言われても、実際その真上から雨漏りしているとも限りません。

 

コロニアル屋根

水は意外なところから入ってきます。

コロニアル屋根自体はそこまで傷んでいなかったので、今回は、コロニアル屋根を一回剥がして、中の下地の補修をすることとなりました。

いざ、工事スタートです。

 

 

劣化した防水シート
コロニアル屋根を剥がしていくと、新築時に設置した防水シートが出てきました。

さすがに25年くらい経っているとだいぶ劣化しています。

劣化している防水シートをよくよく見ると、穴が開いています。

 

劣化した防水シートの下地

劣化した防水シートを剥がしていきます。

 

 

 

 

腐った屋根下地

 

すると、傷んだ下地材が出てきました。

これから傷んでいる木材の張替えを行います。

 

 

 

下地木材の張替状況

張替え状況です。

腐っている木材を剥ぎ取り、新しい合板や垂木などを新しくつけかえて行きます。

 

 

 

ルーフィングシート

そして、新たにルーフィングシートを張り付け、また既存のコロニアル屋根を付けていきます。

一時撤去の際に破損したコロニアルは再度新たなコロニアルを取り付けました。

以上で終了です。

 

 

 


”戸建ての屋根、外装リフォーム”の検索結果・・・